Top > 老人と自動車 > 老人向けの車ってありますか?

老人向けの車ってありますか?

高齢化する社会では、老人も普通に車を運転する時代になるので、車メーカーとしては老人向けの製品を考える必要性が増しています。

老人向けの車は、高齢者が運転する状況だけではなく、乗客として乗り降りする状況も想定する事が出来ます。

高齢者が運転する車は、視界が広く用意されていたり、車の周囲の状況が的確に分かり易い事が特徴です。

人は高齢化する事によって、視力が低下したり空間認識が難しくなるので、これに対応する事が老人向け車両の条件といえます。

また、視認性は外の様子だけではなく、車内各種のメーター類も同様に考えられています。

メーターの数字を大きく表記する事は、老人向けでは欠かせないポイントですし、見易い色を用いる事も効果的です。

運転面の特徴としては、ハンドルを軽く操作出来る事に加えて、アクセルとブレーキを踏み間違えない様に工夫されている事があります。

運転する場合だけではなく、乗客として乗る際にも共通するポイントは、車高が低く乗り降りが容易な点が、老人向けとして考えられている製品の特徴です。

高齢者は、体の運動能力が低下する事によって、段差のある場所を移動する事が難しくなります。

老人向けは、僅かな段差が普段の使い易さに影響するので、床の高さが低く無理なく体を乗り込ませられる製品が適しています。

一方、乗客として運ぶ時は、余裕のある空間を持つ製品がおすすめになります。

高齢者の状態は、体の機能が衰えている共通点はありますが、状態や抱えている問題は人それぞれ違います。

最初から対応している製品は限られますが、これから高齢者の対応は重要性が増加するので、製品の特徴やセールスとして開発される可能性は高まります。

一般的な製品から老人向けを選ぶ場合は、床が低く乗り降りが簡単で、各種のメーターや外の様子が見易く、軽い力で運転出来る操作設備を備えている条件が目安になります。

老人と自動車

関連エントリー
かつてもみじマークと呼ばれていた「高齢運転者標識」とは老人向けの車ってありますか?