Top > 老人と自動車 > 老人はやっぱり電気自動車がおすすめ!

老人はやっぱり電気自動車がおすすめ!

車の新しい形である電気自動車は、登場して間もない技術ですが、老人におすすめ出来るだけの利点があります。

一般的に老人は、体の機能が低下する事によって、運転中の状況に咄嗟に対応する事が難しくなります。

視力の低下は、メガネの着用によって補えますが、聴力を補聴器で補う方法には限界があります。

電気自動車は、従来のガソリン車に比べて動作音が静かなので、補聴器を使わなくても周囲の音が良く聞き分けられる様になります。


つまり、周囲の状況を把握する事が難しい老人にとって、電気自動車は運転し易い車になるといえます。

電気自動車の利点は、従来の車より動作音が小さいだけではなく、燃料の給油が安全に行える事も長所になります。

ガソリンの給油は、静電気や可燃物等の注意が必要で、油断すると簡単に引火してしまう事故が発生します。


その点電気自動車は、コンセントと車を接続するだけで充電が行えるので、注意が散りがちな老人でも安全に給油が可能です。

老人本人の安全を始めとして、車を任せる家族にとっても安心になりますし、環境に対しても安全性に優れた車が電気自動車です。


また、ガソリン車の場合、給油事故が老人本人だけではなく周囲に影響を与えますが、電気自動車なら重大な問題が生じない限りは事故に発展しません。

運転中の静かさが安全に繋がり、給油の危険性が排除されているので、電気自動車は正に老人に適した乗り物の一種です。

ガソリンを燃料にするエンジンは、低クラスの物であっても必要以上に速度が出ますが、電気を使うモーターは最高速度が比較的低めです。

速度を重視する時は、低速な事がネックになる欠点の一つですが、都会を走る場合に速度は重要ではないので、ゆっくり走れる事が老人の安全な運転にとってプラスの効果に変わります。

老人と自動車

関連エントリー
老人はやっぱり電気自動車がおすすめ!老人でも乗り降りがラクな車ってありますか?危険運転も多いが、スピードも遅い老人の自動車運転かつてもみじマークと呼ばれていた「高齢運転者標識」とは老人向けの車ってありますか?